京都大学大学院 情報学研究科 数理工学専攻 応用数学講座 数理解析分野
中村・辻本研究室


LAB
ACTS
LIBRARY
SPECIAL
LINKS

関西可積分系セミナー (2004年11月4日)

日時
2004年11月4日(木)15時-16時30分
場所
京都大学本部キャンパス工学部総合校舎406セミナー室
石森勇次 (富山県立大学)
エネルギーの保存または散逸を保証する6次の差分スキーム

微分方程式に対して,精度のよい数値計算を行うために使用する計算スキームを考えるとき,単に級数展開の何次までの精度を持っているのかという視点ではなく,対象となる系の幾何学的構造や物理的特性を壊さないような計算スキームを考えるという視点での研究が最近進められている.

このような視点での研究の1つに,エネルギー関数の性質を壊さない計算スキームの研究がある.即ち,保存力学系に対してはエネルギー保存を,散逸力学系に対してはエネルギー散逸を保証する計算スキームの研究がある.本講演では,そのようなエネルギー関数の性質を保つ精度が6次の差分スキームについて説明を行う.