京都大学大学院 情報学研究科 数理工学専攻 応用数学講座 数理解析分野
中村・辻本研究室


LAB
ACTS
LIBRARY
SPECIAL
LINKS

セミナー情報(2012年7月23日)

日時
2012年7月23日(月)16時-17時30分
場所
総合校舎406セミナー室
寺西 慶太 (Cray Inc., USA)
アクセラレータ搭載システム向け科学計算ライブラリLibsci_ACC

現在のHPCシステムのトレンドとして、アクセラレータと従来のCPUとで構成されるヘテロジニアス・システムが台頭しつつあります。アクセラレータは演算性能、電力効率ともに従来のマルチコアCPUを上回りますが、その効果的な利用のためにはプログラミングが非常に複雑になり、従来のCPU向けアプリケーションのソースコードとの互換性の維持が非常に困難になることが指摘されています。Crayではこれらの問題の解決策として、アクセラレータ搭載のXKシステム向けにコンパイラ等のプログラミング環境を研究開発、提供しています。中でもアクセラレータシステム向け数値計算ライブラリLibsci_ACCは、BLAS、LAPACKと全く同一のインターフェースを備えています。さらに、OpenACCと組み合わせることでアクセラレータの平易で効率的な利用を可能にし、既存のGPU向け数値計算ソフトウェアよりも高い性能を発揮します。

今回はLibsci_ACCの概要、プログラム事例および性能向上の実例、そして今後の開発への取り組みについて解説します。